ナースストリートIN奄美病院

奄美病院は、働く看護職のキャリアと働き方応援している職場です。
「ナースストリートin奄美ホスピタル」は、ライフサイクルやライフスタイルに合わせた多様な働き方を推進しています。あなたのキャリアを活かし繋げていくために、奄美病院で活躍してみませんか!

       

新しく看護職をスタートした方              kkkkk

看護職は医療チームの一員として中心的な役割を担っています。毎年2名ほどの新卒看護職を迎え入れる当院は、皆さんが精神科看護職として楽しさや誇りを持ちキャリアを積めるよう教育制度を整えています。例えば、クリニカルラダーやēラーニング研修、鹿児島市内の精神科病院とのWeb研修、職場に馴染みやすくなるような同僚同士の交流、配属部署での看護実践を大切にしながらそれをサポートするための集合研修、メンタルフォローなども行います。新卒看護職のみなさんが、安心して職業人生の第一歩を踏み出せるよう支援します。

働いている人のエピソード

Aさん

 期待と不安を掲げながら入職した4月から半年の月日が流れました。毎日目まぐるしく変わる環境の中で慣れない部分も多くあり戸惑うときもありましたが、先輩スタッフからの手厚い指導、助言を受け自己の成長と課題に向き合いながら充実した時間を過ごしています。
 私は現在、統合失調症をはじめとする精神疾患を抱えている患者様の元で患者の個別性に応じた看護を提供させて頂いております。スタッフの対応1つで患者様の状態に大きく変化する精神科特有の看護にはじめは上手くいかず悩むことがありましたが、院内研修や院外研修を通じて基礎的な看護技術、精神科分野の知識を講義・演習形式を重ね日々学んでいる途中です。今、もし十分な看護技術が得られない、又は精神科看護に不安があるという方がいるなら安心して下さい。先輩スタッフの手厚い指導や病院の教育体制は万全です。
当院での経験年数:10か月(新卒看護師)

妊娠・出産を迎えた方                      カンガルーBOOK

女性にとって大きなライフイベントのひとつに妊娠・出産ですね。誰もが仕事との両立に不安を抱くと思います。安心してください。当院は、妊娠・出産時に活用できる制度をまとめた「カンガルーBOOK」なども準備しています。安心して働ける保育園や経験豊富な先輩ナースもたくさんいます。子育てに役立つ知恵をいただいたりしながら、看護職としてのキャリアも充実しています。

働いている人のエピソード

Bさん

  妊娠中、つわりがひどくきついときも業務を替わってくれたりとみんながサポートして下さり、無事産休に入ることができました。育休復帰も子育てと仕事を両立できるか悩みましたが、いざ復帰してみると、病棟師長はじめスタッフの方々が急な子どもの病気での休みなどいやな顔せず勤務変更にも応じて下さり、「みんなそうだったよ」といい、私の体調も気にかけてもらっています。働くことで外とのつながりもでき、夫の協力も得ながら働いています。
当院での経験年数:5年(ナースエイド)

育児と介護の両立を図る                 育児

看護職は女性が9割であり、その働く職場の多くが24時間体制で医療・看護を提供しています。そのため、当院は、育児・介護支援はもちろんのこと、すべての看護職に対してライフステージに合わせた柔軟でやさしい人事システムを目指しています。あなたの大切なキャリアを、”プラチナ”世代まで安心して過ごせるよう、WLBを推進しています。ライフステージを意識しながら、看護職の皆さん一人ひとりがオンリーワンの働き方モデルを目指してください。

働いている人のエピソード

Cさん

 私は、現在小学生と未就学児の子育てをしながら、看護師として働いています。同年代の子どもを持つスタッフも多く、学校や保育所の情報交換や、子どもの発育状況、勉強への取り組みについて相談しあったり、子どもの笑える話や子どもや夫の愚痴を言い合ったりしています。さらには、子育てをしながら看護師として働いてきた先輩も多く、そんな先輩方からはアドバイスや、激励をもらいながら日々楽しく働いています。
 看護師という仕事は夜勤があり、又、日曜日や祝祭日も関係なく仕事があります。学校や保育所の行事、子どもの体調不良、自分自身も仕事と育児と家事と忙しく、体調を崩し勤務調整してもらわなければならないことも多々あります。しかし、病棟師長はじめ、スタッフのほとんどがいやな顔もせず勤務を調整してくれ「いつでも交代するよ」「子どもは元気?風邪ひいていない?」と優しく声をかけてくれます。なかなか休みを取ることが難しい病院も多い中、奄美病院は子育てしながら看護師として働くには、恵まれた環境だと感謝しています。
当院での経験年数:11年(看護師)

          

Dさん

 4歳になる長男が交通事故に遭い、その日から入院生活が始まりました。下の弟たちもまだ、1歳で育児にも手がかかっていたため、病院の付き添いと育児を夫婦だけで行うにはとても困難な状況にありました。病棟師長に相談して、その日から介護休暇を取る手続きをして頂きました。約2か月の長い入院生活になりましたが、長男にずっと付き添うことができて、元気に退院することができました。長いお休みで迷惑をかけてしまいましたが、職場のみんなが励まして支えて下さったことにとても感謝しています。
当院での経験年数:23年(看護師)

積み重ねた看護職のキャリアを活かして働く(プラチナナース)   

                            プラチナ

いまや働くナースの11人に1人は60歳以上。当院も13%が60歳以上です。看護のキャリアと生活経験を活かして活躍の場が広がっています。精神科看護は、長い現場での経験を培われた先輩看護職を同僚も患者・ご家族も頼りにしています。60歳以降も再雇用によって就業継続が可能です。

働いている人のエピソード

Eさん

平成5年に入職し、昨年定年を迎え再雇用で働いています。
職場はお互いさまの精神で働きやすく、子育てや両親の介護も終えることができました。今は、上司や同僚・家族・健康な自分に感謝しながら楽しく勤務しています。若い頃のようにバリバリにとはいきませんが、頑張っています。
当院経験年数:25年(看護師)

Fさん

定年前は、若いスタッフが定年になる私をどう思っているのかと気になり、友達や娘たちにも相談し、「健康であれば働いていたほうがいいのでは?」といわれ、再雇用で2年経ちました。若いスタッフと笑ったり、会話したり、普通に接してくれること、時には、看護のことで、頼りにしていくれることが嬉しく、この病院で働いて良かったと思います。
当院経験年数:18年(准看護師)

ブランクを置いて働く          ブランク

近年、看護職の働く場所は多様化しており、病院以外にも様々な施設等で活躍しています。当院においては、ブランクがあっても安心して働けるよう支援しています。

働いている人のエピソード

Gさん

 看護職を離れて10年余り、再度看護師として復帰しようと決意した時、不安がなかったわけではありません。看護師として患者さまと多くかかわれる看護をしたいと奄美病院を選びました。奄美病院に就職し、長期ブランクがある私を周囲のスタッフがあたたくサポートして下さり、当初の不安もなくなり、楽しく仕事ができています。ラダー研修や院内外の研修と学習する機会も多くあるため、大変助かっています。奄美病院で働くことができ、良かったと感じています。
当院経験年数:1年6か月

学 ぶ              学ぶ


日々の仕事でも学ぶことは多いですが、キャリア転換においては、職場以外で学ぶことも大切です。資格取得などのキャリア発展のための認定看護師など専門性を高めるための支援も充実しています。自分が進みたいキャリアを目指し、組織に貢献できる人材育成をしています。

働いている人のエピソード

Hさん

20年間、准看護師として働き、看護学校へ進学し看護師の資格を取得しました。
勉強が苦手で大嫌いでしたが、知識が増え、仕事をすることの大切さと楽しさを学べました。財産です。
当院経験年数:6年

Iさん

私が認定看護師を目指した理由の一つとして、患者さまにできることは?と考えたことでした。上司の後押し、職場の支えもあり、精神科認定看護師研修を受講することができました。現在は、より良い看護について考えることができる充実した日々がおくれています。
当院経験年数:6年

                                                 

引用参考文献:日本看護協会 「ナースストリート」 2019年1月

                        

                 

先輩からのメッセージ

              濱田 翔          1年目

濱田翔2018

期待と不安を掲げながら入職した4月から半年の月日が流れました。毎日目まぐるしく変わる環境の中で慣れない部分も多くあり戸惑うときもありましたが、先輩スタッフからの手厚い指導、助言を受け自己の成長と課題に向き合いながら充実した時間を過ごしています。
私は現在、統合失調症をはじめとする精神疾患を抱えている患者様の元で患者の個別性に応じた看護を提供させて頂いております。スタッフの対応1つで患者様の状態に大きく変化する精神科特有の看護にはじめは上手くいかず悩むことがありましたが、院内研修や院外研修を通じて基礎的な看護技術、精神科分野の知識を講義・演習形式を重ね日々学んでいる途中です。今、もし十分な看護技術が得られない、又は精神科看護に不安があるという方がいるなら安心して下さい。先輩スタッフの手厚い指導や病院の教育体制は万全です。是非精神科看護、離島医療に興味のある方は奄美病院で一緒に働きましょう。スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

このページのTOPへ