院長あいさつ

3004黒野DR

平成30年4月より院長に就任しました黒野と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

介護老人保健施設「愛と結の街」の施設長を15年務めてまいりました。

介護保険の世界もそうですが、それ以上に最近の医療界の変化は凄まじい早さで変化しています。

そのような環境の中で、いづろ今村病院は急性期病棟、緩和ケア病棟、地域包括ケア病棟を生かし、新しい価値を生み出せる病院として、変わっていきたいと考えています。

地域の患者様の医療と生活を守っている先生方の後方支援機能を高めることが、「いづろ今村病院」に求められている方向性だと思っています。多くの病院がそうであるように、いづろ今村病院も「急性期病院の医療」のみの視点から「在宅」という視点も持つ病院に移行するための産みの苦しみをまさに今、経験している最中です。


前院長の路線を引き継ぎ、歩みを止めることなく進めていきます。是非とも温かく見守っていただき、今後のいづろ今村病院の成長にご期待とともにご意見をいただければと思います。

スタッフとともにいろいろなチャレンジを進めてまいりますが、その中でご意見やご要望等ございましたら、是非ともご連絡ください。皆様のご意見を成長の糧に地域にとって必要とされる病院作りをして参ります。変わり続けるいづろ今村病院に、どうかご期待ください。

 

平成30年4月1日 院長 黒野明日嗣

 

 

 

このページのTOPへ