呼吸器内科

高解像度CTを使用した肺癌の早期発見・診断に力を入れています。

外来診療担当表

呼吸器内科

 

午前

 野元

 野元

- 

 井上(博)

野元

 -

午後

野元
*16時までの
受付

 -

 -

専門外来
(予約制)
野元

- 

- 

診療概要

kokyuukinaika pic01

呼吸器内科は今村総合病院に平成21年7月に創設されたばかりの診療科で現在、常勤医1名・非常勤医1名で外来と病棟業務を行っています。呼吸器疾患はまだまだ未知の部分が多く診断や治療法は目まぐるしく変化していますが当院では特に、高解像度CTを使用した肺癌の早期発見・診断に力を入れています。
また、北部九州・関東地方の大学とのネットワークを活かし、放射線科・外科とも協力して全ての呼吸器疾患に対し全国レベルの医療を提供致します。
肺癌・気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患・間質性肺炎など全ての呼吸器疾患に対して専門的な治療を行います。セカンドオピニオン(要予約)も行っておりますのでご利用下さい。

呼吸器内科の特徴と特色

呼吸器内科外来

呼吸器内科外来

月曜日・木曜日の午前・午後、火曜日・金曜日の午前に診療を行っています。呼吸器疾患診療に必要な血液検査や高解像度CT検査は、当日行い結果まで説明致します。禁煙外来や睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来も開始致しました。最近は高解像度CT検査を受けることで見つかる、検診胸部Ⅹ線写真に写らない無症状の早期肺癌の症例が増えてきています。肺癌のリスクが高い喫煙指数500以上(一日20本×25年)の方には検診で異常がなくても、年一回のCT検査をお勧めしています。

呼吸器内科病棟

主に6階病棟(混合病棟)にて診療を行っています。入院対象は肺炎などの呼吸器感染症、肺癌の化学療法、慢性呼吸器不全の急性増悪、間質性肺炎の増悪などです。最近急速に発展普及しつつあるNPPV(非侵襲的陽圧換気療法)や通常の人工呼吸管理はICUで行っています。その他、睡眠時無呼吸症候群の診断のためのポリソムノグラフィー検査も一泊入院にて行っています。肺癌の手術可能例については診断から外科的治療まで当院にて行っています。

診療科実績

項目平成24年平成25年
CPAP患者 19 35
HOT患者 7 5
PSG検査 60
外来化学療法 4 3

診療スタッフ

野元 吉二

氏名 野元 吉二(のもと よしつぐ)
専門 呼吸器内科主任部長
医学博士
ICD(感染管理医)

井上 博雅

氏名 井上 博雅(いのうえ ひろまさ)
専門 呼吸器内科:非常勤
医学博士
日本内科学会認定医・専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医

このページのTOPへ