看護部の紹介

看護部長あいさつ/久徳 美鈴

kyuutokukangobutyou

今村病院分院は公益財団法人慈愛会グループの中で最大規模の急性期医療を担う病院です。「医療の原点は慈愛にあり」という慈愛会医療理念のもと、地域における中核的な急性期病院を目指しています。

当院看護部は『相手の心に届く慈愛の看護』を理念として、患者様の思いに応え、技術と心の両面からきめ細やかな看護実践を心がけています。看護職員一人一人が看護観を深め、人間性豊かな看護師を目指して日夜研鑽を重ねています。

超高齢化社会を迎え、地域との連携や患者様方が住み慣れた地域でいきいきと過ごせるような支援が重要となってきます。急性期病院の看護師としての役割を果たすために、患者様方が入院前の生活にスムーズに戻れるよう早期ケアに力を入れていきたいと思っています。       

また看護職員に対しては、働き甲斐のある職場環境の提供を考えています。職員満足に視点を置き、ワークライフバランスを考慮した勤務体制やリフレッシュ休暇などを取り入れています。                             人と人との出会いの中に、温かいぬくもりのある手をさしのべることを大切にして、患者様方には「ここの病院にきてよかった」、看護職員には「この病院に就職してよかった」と思ってもらえるような看護部でありたいと思っています。

 

副看護部長あいさつ/北原 美代子 ・ 中谷 明実

fukukangobutyou

看護部理念の実現に向け、看護部職員と共に日々勉強し、看護の質の向上に向けて努力してまいります。

またPNSの看護体制を醸成させ、ワークライフバランスのとれた働きやすい職場環境を目指します。

一緒にがんばりましょう!!

看護部理念・方針

看護部の理念
慈愛会・病院の理念を基盤とし、人々が健やかに生涯を送ることができるよう、
一人一人のパーソナリティを大切にし、「相手の心に届く慈愛の看護」を実践します 。
看護部の基本方針
  1. 生命の尊重と患者様の人権を守り、個人を尊重した看護の確立で信頼される看護を実践します。
  2. 科学的・創造的・かつ主体性のある看護を提供し、刻々と変化していく社会情勢に対応していきます。
  3. 専門職としての研究開発を図り、さらに臨床の場は教育の場であることを認識し自己教育力を高めます。
  4. 豊かな感性と専門職業人としての自覚を持ち相手の心に届く慈愛の看護を提供します。
平成29年度看護部の方針
ビジョン
  1. 患者さまにとって安心・安全で納得のできる質の高い看護の提供
  2. 地域包括ケアシステムの推進のための役割の強化                          :施設内、法人内、地域との連携・強化(統合)
  3. 働き続けられる活気ある職場づくり
目標
  1. 急性期総合型病院としての機能確立と経営の安定化
  2. 看護職員の確保・定着/ワークライフバランスの実現
  3. 安心・安全なケアの提供/安心して療養できる入退院支援
  4. 各診療科の看護ケアの充実
  5. 看護の可視化、質の評価の推進/患者記録の効率化
  6. キャリア開発・看護実践能力の向上/退院支援看護師の育成

看護部概要

入院基本料
一般病棟/7対1  精神科病棟/10対1  回復期リハビリ病棟/13対1
勤務時間・看護体制
2交替制が基本
日勤/08:30~17:30
夜勤/17:00~09:00
2~6人夜勤/一部3交替制,早出・遅出あり
看護方式
PNS(パートナーシップナーシングシステム)
その他
院内託児所(夜間・日曜保育あり)・育児時短など子育て支援制度
正職短時間勤務制度(病棟・夜勤1~2回)
病床数
定床/293床(一般217床、回復期リハビリ36床、精神科40床)
看護単位/10

看護部職員総数/430名(実数)

平成29年4月1日現在

看護師/345名
保健師/1名

助産師/1名

准看護師/4名
介護福祉士/27名
看護助手・クラーク/36名
産休・育休中ほか/16名

当院には、このような資格を持った看護師がいます

看護協会認定

認定看護師  4名(感染管理・皮膚,排泄ケア・緩和ケア・がん化学療法)
看護管理者ファーストレベル 19名
看護管理者セカンドレベル  7名
臨床指導者講習修了者 15名

学会等認定

糖尿病療養指導士 7名
呼吸療法士    3名
消化器内視鏡技師 3名
透析技能認定士  5名
がん治療看護師  3名
日本救急学会認定インストラクターICLSコース 6名
アメリカ心臓病学会インストラクターBLSコース 5名

医療安全管理者養成課程修了 10名
災害支援登録ナース 6名

 

このページのTOPへ