画像診断科

短い診療時間で大事なことを伝えるのは大変むずかしいことですが、そのような苦痛がわずかでも軽減できるよう努めております。

診療概要

病院に通うことは精神的にも、時間的、体力的にも大変だと思います。
私たちは、そのような苦痛がわずかでも軽減できるよう努めております。

 

一般的に放射線科は、放射線あるいは放射線に類似した超音波や核磁気共鳴現象を利用した医療用画像機器を使用して診療を行います。放射線類似の物質を使った画像診断や治療も行いますので、当センターでは画像診断科、血管内治療部という名称を使用しています。

放射線科の診療内容
  1. 画像診断
  2. 画像診断機器を利用した治療
  3. 放射線治療

主な対象疾患は悪性腫瘍と救急疾患ですが、良性の腫瘍性病変や炎症性疾患の広がりや重症度などの診断や治療も行います。すべての器質的な変化を有する疾患が対象となるといっても過言ではありません。

特色

放射線科診療の大まかな内容としては上述の様に

  1. 画像診断およびレポート作成
  2. 画像診断機器を使用した主として悪性疾患や救急疾患の治療(IVR治療)
  3. 放射線治療

に分類されますが、当院では放射線治療の機器がないため、3を除いた1、2の診療を行っています。
画像診断としては院内の全ての科から依頼、撮影されたCT検査、MRI検査、単純X線検査などの写真の読影とレポート作成を行います。
すなわち画像上に描出される器質的な疾患の多くが画像診断医によって診断されます。
また健診の胸部単純X線検査、乳房X-P検査のダブルチェックも行っています。
疾患の見落としや過剰かつ不必要な検査を防止するのが目的です。

画像診断装置を利用した治療は先進治療あるいは低侵襲性治療のひとつとしてIVR治療という呼称で注目されています。
当センターでは血管造影装置とCT装置が一体となったIVR-CT、超音波装置を使用して血管内とともに胆管などの血管外の管腔臓器にもIVR治療を行っています。
疾患の種類や病気の進行度によっては健常部へのダメージは抑えつつ、異常のある部位のみに非常に大きな効果を得ることが可能となることが少なくありません。
適応がある疾患に対しては積極的にIVR治療を行っていきます。

可能な診断・治療機器および治療方法

画像診断(CT/MRI、血管造影・CTAP)

すべての領域の疾患の鑑別診断、悪性腫瘍の鑑別診断・浸達度診断を行っています。

VR治療(Vascular Intervention/血管内治療)

血管(動脈、静脈及び門脈)内から行う IVR治療で下記の如く血管形成術と血管塞栓術、及び悪性腫瘍に対する動注・塞栓術を行っております。
特に、急性期疾患(喀血、外傷性出血など)に対しては、救命救急総合内科と連携し24時間対応をしております。さらに、高度進行肝細胞癌に対する積極的な治療を行っており県外からの紹介入院にも対応しております。

血管形成術・血管塞栓術

  • 閉塞性動脈硬化症 バルーン血管形成術(腸骨、下肢動脈領域)、血管ステント留置術
  • 腎血管性高血圧症 バルーン血管形成術、血管ステント留置術
  • 下肢静脈血栓症  下大静脈フィルター留置術
  • 上大静脈症候群(肺がんを主とする悪性腫瘍による症状) ステント留置術
  • 血管内異物除去  CVカテーテル断裂などに対し異物除去術
  • 急性腸管虚血・血栓症 血栓溶解剤持続動注療法
  • 消化管動脈性出血・外傷性出血、動脈瘤 血管塞栓術
  • 喀血(結核後遺症、気管支拡張症、肺がん) 気管支動脈塞栓術(BAE)
  • 高度貧血などを伴う子宮筋腫 選択的子宮動脈塞栓術(UAE) …など

悪性腫瘍に対する動注・塞栓術

原発性肝細胞癌に対する動注塞栓術、転移性肝がんに対する持続動注療法(動注用リザーバーカテーテル留置)を主に各種悪性腫瘍の局所制御、疼痛コントロール、出血に対する止血などを行っております。
また、肝門部胆管がん、転移性肝がんに対する肝拡大右葉切除前処置として門脈塞栓術を経皮的・局所麻酔下で行っております。

Non-vascular Intervention(主に胆道・気管・尿管・消化管のIVR治療)

主として胆道系の悪性腫瘍による閉塞性黄疸の治療で経皮的治療を行っております。
(内視鏡的には消化器内科にて行っております。)
特色として肝門部分離型閉塞に対するmulti-stentingを行っており、減黄不良症例など高度進行がん症例の紹介に対応しております。

  • 減黄術 経皮経肝的胆道ドレナージPTBD、経皮的胆嚢ドレナージPTGBD
  • 内ろう化 胆道ステント留置術
  • 膿瘍、のう胞ドレナージ

可能な治療方法・治癒器機

治療機器

  • 64列マルチスライスCT:東芝社製Aquilion64
  • MRI:PHILIPS社製3.0テスラAchieva
  • IVR-CT:東芝社製 Infinix-8000c/jk Asteion4
  • バイプレーン血管造影装置:PHILIPS社製 AlluraXperFD20/20
  • 一般撮影装置:富士フィルム社製FCR XL-22台、Velocity(立位オート撮影台)
  • Cアーム装置:PHILIPS社製 BV pulsela
  • 透視台:日立社製CUREVISTA(平面検出器デジタル多目的透視台)
  • 骨密度測定装置:GE横河社製 DPX-DUO
  • ポータブル撮影装置 2台
  • PACS(医用画像管理システム フルフイルムレスシステム):
  • 富士フィルム社製 SYNAPSE F-RIS F-REPORT

診療科実績

項目平成26年平成27年
  - -
検査 CT 9570 10272
MRI 5257 5179
IVR 42 15

担当医から患者様・連携医療機関の皆さまへ

慈愛会画像診断センターは5名の放射線科医(うち専門医4名)で今村病院および今村病院分院の画像診断、IVRに対応いたします。正確な診断、適切な治療を心がけています。
画像診断については、随時受け付け可能の体制を整え、夜間対応も可能です。夜間・休日の一部を除き、検査後即時読影・所見作成を行っております。
IVR治療については、毎日放射線専門医が対応しております。入院での治療を主に行っておりますが、外来通院で可能な場合もあります。今村病院・分院どちらでも随時対応しておりますのでご相談いただければ幸いです。

担当医紹介

画像診断科主任部長

氏名

西田 博利(にしだ ひろとし)

専門

 日本医学放射線学会放射線科専門医

元鹿児島大学医学部放射線医学講座助手


gazou-shindanka pic02

 

画像診断科部長

氏名 志村 武(しむら・たけし)
専門  

gazou-shindanka pic01

画像診断科医長
氏名 濱田 裕幸(はまだ・ひろゆき)
専門  

 

 

このページのTOPへ