IVR(Interventional Radiology)

IVR(Interventional Radiology)とは、がんや心臓・血管の病気、脳卒中などに対して開頭・開胸・開腹手術の代わりに、放射線診断で使用するCTやMRIなどの画像診断装置を利用して行う低侵襲治療や特殊検査の総称です。

経皮的治療のため体への負担が少ない低侵襲治療で、カテーテルを用いた血管系IVRと、経皮的穿刺下に行う非血管系IVRに大別されます。

当センターでは血管造影装置とCT装置が一体となったIVR-CTで低侵襲で効果の高い医療を提供いたします。

 

 

vascular IVR(血管系IVR)

悪性腫瘍に対する動注化学塞栓療法や動注化学療法

動脈性出血に対する血管塞栓術

動脈瘤や動静脈奇形に対する動脈塞栓術

血管の狭窄に対する経皮的血管形成術やステント挿入

門脈圧亢進症に対する治療

non-vascular IVR(非血管系IVR)

ドレナージ

PTCDとステント留置による悪性閉塞性黄疸の減黄

 

IVR治療については、毎日放射線専門医が対応しております。入院での治療を主に行っていますが、外来通院で可能な場合もあります。ご相談いただければ幸いです。

 

使用機器

Canon Infinix-8000c/jk Asteion4

このページのTOPへ