平成27年度 今村病院分院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数    -   324   192   227   356   538   999   1056   1002   239
【定義】平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①入院した時点の年齢にて集計。
 ②患者数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。

【解説】当院は、地域密着型の医療機関として、幅広い年齢層の入院患者を受け入れています。その中でも、60歳~80歳代にかけての入院患者数が多く、全体の約60%を占めています。一方で、10歳~20歳代の入院患者数も比較的多く、主にスポーツを専門とした整形外科への入院によるものです。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
救急・総合内科(ER)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎
((15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし)
  193   13.77 14.34 13.47%   75.93
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎
( 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   79   23.13 21.69 31.65%   83.35
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症
( 手術なし)
   74   12.31 12.60 18.92%   77.80
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
(限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   93    8.72 10.93 15.05%   73.23
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
(手術なし)
   24    8.21 7.91  4.17%   69.58
010069xx97x00x 脳卒中の続発症
(手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   17   12.94 13.48 52.94%   80.82
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全
(手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   12   14.17 18.30 16.67%   77.00
050210XX97000X 徐脈性不整脈
(手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし )
- - 11.76 - -
050130XX9901XX 心不全
(手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり )
- - 20.16 - -
スポーツ整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む)
(腱縫合術等)
  253   11.41 11.98  0.40%   25.00
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷
(靱帯断裂形成手術等)
   59   15.86 22.19 15.25%   62.00
160620xx97xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)
(その他の手術)
   27    3.19 8.51  0%   30.33
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫
(慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   18   15.44 11.92 33.33%   78.78
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷
その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし()
   18   17.94 10.02 38.89%   80.56
010040X101X1XX 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)
((JCS10以上) 脳血管内手術+脳動静脈奇形摘出術等 手術・処置等2 あり )
- - 42.35 - -
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患    13    7.00 8.20  0%   36.08
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 - - 7.76 - -
030320XXXXXXXX 鼻中隔弯曲症 - - 7.24 - -
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞
((JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし)
  121   18.62 18.08 38.02%   73.56
010060x099000x 脳梗塞
((JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   86   14.77 15.80 37.21%   73.19
010230xx99x00x てんかん
(手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   57    5.79 7.03 15.79%   61.44
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹    17    8.24 8.97  5.88%   58.12
080011xx99xxxx 急性膿皮症
(手術なし)
   16   16.69 11.97  6.25%   68.06
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物
(皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし)
   14    2.36 4.38  0%   48.07
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患
(経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし)
  116    5.04 5.91  4.31%   62.03
110070xx0200xx 膀胱腫瘍
(膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし)
   34    5.21 7.59  2.94%   71.44
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患
(その他の手術あり 定義副傷病 なし)
   17    7.59 6.90 23.53%   69.41
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫
(手術なし 処置2:リツキシマブ(4) 定義副傷病なし)
   56   15.18 17.69  5.36%   76.32
130010xx97x2xx 急性白血病
(手術あり 処置2:化学療法(2))
   52   64.56 43.59  5.77%   61.65
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫
(手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(3) 定義副傷病なし)
   40   37.53 18.19  5.00%   63.65
外科・消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)
(腹腔鏡下胆嚢摘出術等)
   42    6.02 6.96  0%   55.62
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等
(腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし)
   40    6.58 7.84  2.50%   54.90
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞
(手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし)
   39    8.67 9.17 10.26%   68.44
【定義】平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①同じ疾患に対し、複数の診療科で診療を行った場合、医療資源を最も投入した傷病の診療を担当した医師の所属する診療科にて
  集計。
 ②1入院期間に複数のDPCコードが存在する場合は、直近の分にて集計。
 ③患者数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。
※診療科によっては、症例数が10件未満のため、表示されない診療科もありますのでご了承下さい。

【解説】入院診療における、各診療科のDPC名称別上位3疾患をあらわしたものです。
それぞれの診療科がどのような疾患を多く診療しているかが分かります。1回の入院期間で、2以上の診療科に入院した場合は、医療資源が最もかかった傷病の担当医が所属する診療科で集計されます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌   35    -    -    -    -    -    1   第7版
大腸癌   36   30   31   17    -    -    2   第8版
乳癌    -    -    -    -    -    -    1   第7版
肺癌    -    -    -    -    -    -    1   第7版
肝癌    -    -    -    -    -    -    2   第8版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①5大がん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)を対象症例とする。
 ②5大がんにおける、初発・再発症例を分けて集計。
 ③初発症例の、胃がん・乳がん・肺がんは国際的に使用されているUICC(国際対がん連合)の病期分類にて、また大腸がん・肝がん
  については、日本国内の各学会で定めたがん取扱い規約に基づいて集計とする。
 ④患者数の集計は、延患者数とする。
  ※例えば一連の治療期間に複数回の入退院を繰り返した場合、繰り返した回数分を件数として集計。
 ⑤患者数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。

【解説】病期分類とは、「がん」がどこの深さまで進んでいるかを示すT分類と、所属リンパ節への転移の有無を示すN分類、遠隔転移の有無を示すM分類があり、T分類・N分類・M分類の組み合わせによってステージ(病期分類)が導き出されます。
全国的に罹患数の多い5大がん(胃がん・大腸がん・肝臓がん・肺がん・乳がん)のステージ(病期分類)ごとの症例について、当院での症例を基に集計しました。各ステージの低い方から高くなるにつれて、がんの進行度が進んでいることを表しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0    16   12.69   53.56
重症度 1    110   12.89   74.14
重症度 2    69   16.75   78.45
重症度 3    20   17.90   83.55
重症度 4    -    -    -
重症度 5    -    -    -
不明    -    -    -
【定義】平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROPスコア)に基づき集計。
 ②ウイルスが原因として起こる肺炎・誤嚥による誤嚥性肺炎は除く。
 ③患者数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。

【解説】重症度分類(A-DROPスコア)を基に、当院における肺炎患者の状況が分かります。重症度の数値が高くなるにつれて、より重症な肺炎を表しています。当院では、軽症から重症まで幅広い患者の治療に、総合内科が中心となり治療が行われております。また、肺炎の重症度が高くなるにつれ、平均年齢も高くなる傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I63$ 脳梗塞 3日以内   295   32.05   75.28 45.73%
その他    39   28.59   70.46 25.40%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内    -    -    -    -
その他    -    -    -    -
【定義】平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①発症日から「3日以内」と、4日以上又は無症候性(発症日なし)を「その他」として集計。
 ②患者数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。

【解説】脳血管疾患は、全国の死因の上位に挙げられます。当院では、発症後まもない急性期の脳梗塞の患者数が多くなっています。脳梗塞は早期の治療が効果的とされ、早期の治療・リハビリを開始することが重要です。当院は超急性期の専門的治療を始めとする脳卒中治療を行っています。脳神経外科及び、神経内科医が連携して脳卒中ハイケアユニットでの治療を行い、リハビリテーション科とも連携し治療が行われております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
救急・総合内科(ER)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術    11    2.09   14.09 27.27%   70.82
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)    99    0.14    1.25  0%   61.35
K688 内視鏡的胆道ステント留置術    90    1.62    8.62 20.00%   75.21
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)    37    2.14   12.27 59.46%   79.57
スポーツ整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯)   144    1.00   14.17  0.69%   23.08
K068-2 関節鏡下半月板切除術    70    1.00    2.11  0%   30.03
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの)    42    1.10   14.29 16.67%   62.52
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術    40    2.08   14.78 40.00%   78.13
K1742 水頭症手術(シャント手術)    10   10.70   27.80 50.00%   76.20
K1781 脳血管内手術(1箇所)    10    0.90   48.00 50.00%   67.20
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)    12    1.00    5.00  0%   37.00
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)    16    1.00    4.63  0%   78.44
K0062 皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
K0063 皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) - - - - -
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)   111    1.58    2.90  4.50%   62.32
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)    36    1.03    4.39  5.56%   71.36
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術    33    7.06    8.97 27.27%   71.76
外科・消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術    92    1.42    4.35  2.17%   56.42
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術    47    2.87   11.57 19.15%   71.64
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)    27    1.00    3.11  0%   62.00
【定義】平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①厚生労働省が定める、医科点数表に基づくKコード・名称を使用。
 ②各診療科別に手術件数の多い順に3つ選択。但し軽微な手術、件数が10件未満及び、臓器移植については集計対象外とする。
 ③複数の手術を同時に行った場合、主たる手術(又は点数の高い手術)を集計する。
 ④患者数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。
※診療科によっては、症例数が10件未満のため、表示されない診療科もありますのでご了承下さい。

【解説】各診療科別に手術件数の多い上位3つの手術につき、平均術前日数(手術を行うまでにかかった入院日数の平均)・平均術後日数(手術後退院までにかかった入院日数の平均)・転院率(他医療機関への退院)・平均年齢を集計したものです。当院の各診療科において、どのような手術が何件行われているか分かります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一    -    -
異なる    -    -
180010 敗血症 同一    25  0.51%
異なる    -    -
180035 その他の真菌感染症 同一    -    -
異なる    -    -
180040 手術・処置等の合併症 同一    20  0.41%
異なる    -    -
【定義】集計期間と対象:平成27年4月から平成28年3月に退院した患者であり、一般病棟に入院した患者において集計。
集計条件:
 ①1入院期間において、一般病棟を含むその他の病棟(精神科病棟・回復期リハビリテーション病棟)へ複数回転棟した場合、
  一般病棟の部分に限定した集計とする。
 ②今回の入院における「入院のきっかけとなった病名」・「最も医療資源を投入した病名」と同一か、異なっていたかに分け患者数・
  発生率を集計。
 ③発生率を算出する分母は、一般病棟における全退院患者とする。
 ④症例数が10名未満については、個人情報保護のため表示しておりません。

【解説】各医療機関における医療の質の改善のため、臨床上ゼロにはならないが、少しでも発生の改善すべき症例として、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症が挙げられる。そこで、「入院のきっかけとなった病名」と「最も医療資源を投入した病名」において同一性の有無を区別し、当院における症例数と発生率を示す。

更新履歴
2016/09/26
病院指標全7項目 新規掲載