当院の特色

今村病院の5つの専門

間口は広く(総合外来)、奥行きは深く(専門外来)という考えのもと、消化器病、糖尿病、ホルモン、血液・膠原病、産科・婦人科のレベルの高い5つの専門を有しています。中でも以下の医療サービスが充実しています。

1消化器病(食道・胃・大腸・肝臓・膵臓・胆のう)

ガン、ホリープや炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)、電子内視鏡下粘膜切除術が可能です。

消化器内科

2血液疾患(白血病、リンパ腫、骨髄腫、貧血など)・膠原病

血液内科指導専門医による質の高い診断と最先端の治療(化学療法)が可能です。

血液内科

pic 03糖尿病(慈愛会糖尿病センターの紹介~平成26年4月 診療開始)
"慈愛会糖尿病センターの設立"と"今村病院分院糖尿病内科・眼科の今村病院
(本院)への移転"

平成26年4月1日から糖尿病内科と眼科は、本院(堀江町)へ拠点を移し、入院(34床)・外来治療を行い、慈愛会糖尿病治療の中心的役割を担うことになりました。
軽症糖尿病から、網膜症、腎症、足病変、動脈硬化などの合併症が進行した糖尿病まで、幅広く対処します。日本糖尿病療養指導士(CDEJ)の資格を持つ専門スタッフ(看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士)や、糖尿病看護認定看護師が、それぞれの専門性を生かしてチーム医療を行います。
当センターは、糖尿病の専門施設として、糖尿病患者様それぞれに最も適した治療法を提案し、患者様自ら治療に取り組んでいけるようにサポートします。糖尿病専門医と多くの経験と実績を積んだコメディカルスタッフが、チームとして患者様と共に考え、具体的な方法を提案していきます。
詳しくは「慈愛会糖尿病センター設立のお知らせ」をご覧ください。

慈愛会糖尿病センター 糖尿病内科/眼科

pic 04画像診断センター
(64列マルチスライスCT、1.5TMRI、デジタルアンギオグラフィー装置など)

画像診断専門医による質の高い診断とIVR専門医による血管内治療をがん治療や血管病変に対して行っております。

放射線科

画像診断センター

5産婦人科

産婦人科には現在2名(常勤2名)の産婦人科医師が外来・病棟診療を行っております。お気軽にご相談ください。
開放型病院として共同診療が可能であり、子宮や卵巣の悪性腫瘍手術など腹腔鏡手術、経膣式手術やレーザーメス照射装置によるレベルの高い治療が可能です。お産はゆったりとした広さのLDR室(陣痛分娩室)で助産師が個別対応で介助・支援します。

産婦人科

このページのTOPへ