緩 和 ケ ア

「支持療法/緩和ケア」とは、病気に伴う心と体のつらさを和らげ、自分らしい生活を送れるようにするケアです。「がんと診断された初期から継続的に行われるもの」といわれています。多職種がチームを組んだケアを行うとともに、ご希望があれば外来や在宅への復帰を支援いたします。

 

語らいの時を大切にする病棟を目指します
  1. 患者様とそのご家族の身体的および精神的な症状、全人的苦痛の緩和を行います。
  2. 患者様とそのご家族にとって、やすらぎを感じられる生活の場となるよう努めます。
  3. 患者様とそのご家族が望む生き方を支援します。
  4. 積極的にカンファレンスを行い、チームでより良いケアを提供します。

入院治療の対象

このような方が、入院治療の対象となります。

◎がんによる心や体のつらさがあり、「支持療法/緩和ケア」が必要とされた方                        ◎病気の進行による心や体のつらさを中心に、症状緩和を目的としたケアが行われることを理解されている       ◎外来化学療法中の療養目的など

入院までの流れ

当院に受診・入院されている患者様 担当医師・看護師にご相談ください。
当院以外の医療機関を受診中の患者様 現在の担当医師からの紹介状をお持ちの上、
外来を受診してください。

nagare3

病室20床(全室個室)

無料個室 11床
有料個室

9床 (3タイプあり)

3,240円~7,560円 

室料差額は保険適応になりません

◎お薬や検査に関わらず定額制です。                                                  ◎高額療養費の対象になります。ただし、お持ちの健康保険の種類によって請求額は異なります。          ◎このほかに食事代がかかります。

入院風景・病室のご案内

景色 病室 家族室
病室からの景色
開放的な景色に癒されます。

病室
ご家族も休息をとれるよう
ソファーを設置しています。
家族室
ご家族がくつろげるよう
畳の部屋になっております。

展望浴室 キッチン 緩和ケアセンター廊下
展望浴室
寝たままでもお湯につかることができます。
キッチン
患者様のためにご家族が
家庭料理を作ることができます。
緩和ケアセンター廊下

談話室 談話室 談話室まど
談話室
ご家族やご友人と、ゆったりと過ごしていただけるスペースです。

☆緩和ケアスタッフがアロマ学会認定の資格を取得しました!!☆

景色

 緩和病棟看護師の今井看護師・有馬看護師がJSA基礎認定の認定を取りました。お二人にアロマセラピーについて話を聞きました。

 アロマセラピーという言葉を耳にしたことがありますか??簡単に説明しますと、植物や果物から取り出した香りを使ったリラックス法のことをアロマセラピーといいます。

当病棟では患者様やご家族の皆様にリラックスしたひとときを過ごしていただけるように、その方の症状に合わせた香りやお好きな香りを使用してマッサージや芳香浴を行っています。

アロマセラピーを使用して、少しでも心地よい時間を過ごせますようお手伝いいたします。

 

緩和病棟では季節に合わせてスタッフが手作りの飾りを作成しディルーム・病室などに飾り付けをしています。

来院される際は注目してみてください!!


 

今月の飾り イベント 金魚

病室からの景色

今月は七夕ということもあり星をメインにつけました。緩和病棟のスタッフの写真と名前も一緒に掲載していますのでチェックしてみてください。

盆栽

緩和病棟のエレベータ前にかわいい盆栽が飾られています。毎週異なった種類の盆栽がかざられており患者様はじめスタッフも癒やされています。

瀬地山さん

盆栽を育て提供して下さっているのは、当院前事務長の瀬地山さんです!


相談窓口・病診連携室

主治医や看護師長にご連絡されるか、相談支援室にお越し下さい。
お気軽にご相談ください。

TEL.099-226-2180

【受付時間】 月~金 9:00~16:00

 

 

 

このページのTOPへ