病院指標

病院情報の公表

目的

医療の質と医療安全向上のために、診療情報を抽出・分析し、医療の改善に役立てることが重要となっています。そこで、病院の診療内容を公開することで、患者様に当院における症例や特徴など、どのような医療提供を行っているかお伝え致します。また、当院は、診療情報を公開することにより、医療の質向上にも努めます。

公開内容・基礎データ

  • 年齢階級別退院患者数
  • 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  • 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  • 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  • 脳梗塞のICD10別患者数等
  • 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  • その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPCにおける診療情報を基に、公開内容の集計を行いました。

 

平成27年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日までに退院された患者様が対象となります。)

 

※DPC(「包括支払方式」)とは、Diagnosis Procedure Combination の略で、「診断病名」と「医療サービス」との組み合わせの分類をもとに1日当たりの包括診療部分の医療費が決められる計算方式です。

臨床指標(クオリティインディケーター: Quality Indicator)

QIプロジェクトは、社団法人日本病院会が実施する、「医療の質を測定・公表することで、医療の質を確認・改善を図る」ことを目的とした取り組みです。
当院は、医療の質を改善し続けるための指標として、QIプロジェクトに参加しています。

QIプロジェクトホームページ

臨床指標(QI)の公開

平成28年度 ※現在準備中

このページのTOPへ