放射線科

画像診断、画像診断機器を利用した治療を行っています。

外来診療担当表

放射線科

 
午前 西田 西田 西田 佐藤 西田   -

診療概要

スタッフ

一般的に、放射線科は、放射線あるいは放射線に類似した超音波や核磁気共鳴現象を利用した医療用画像機器を使用して診療を行います。
放射線類似の物質を使った画像診断や治療も行いますので、本院では、画像診断科および血管内治療部という名称を使用しています。
放射線科の診療内容は大まかに、

  1. 画像診断、
  2. 画像診断機器を利用した治療、
  3. 放射線治療

に分類されます。
主な対象疾患は悪性腫瘍と救急疾患ですが、良性の腫瘍性病変や炎症性疾患の広がりや重症度などの診断や治療も行います。
全ての器質的な変化を有する疾患が対象となると言っても過言ではありません。

放射線科の特徴・特色

放射線科診療の大まかな内容として上述のように、

  1. 画像診断のレポート作成
  2. 画像診断機器を使用した主として悪性腫瘍や救急疾患の治療
  3. 悪性腫瘍に対する放射線治療

に分類されますが、本院では現在、放射線治療の機器がないため、3放射線治療を除いた1・2の診療を行っています。
画像診断としては、院内の全ての科から画像診断センターに依頼・撮影されたCT画像、MRI画像、単純X線検査、乳房X線検査などの写真の読影とレポート作成を行います。
すなわち画像上に描出される器質的な疾患の多くが画像診断医によって診断されます。
従って本院の特徴からは、全ての病気が対象となると考えていいと思います。
また、健診の胸部単純X線写真やマンモグラフィーのダブルチェックも行っています。
疾患の見落としや過剰かつ不必要な検査を防止するのが目的です。
将来的には、慈愛会に所属する全病院の全ての画像診断をリアルタイムかつ正確に行えるようなPACS(遠隔画像診断システム)によるネットワーク作りを計画しています。


作業風景

画像診断装置を利用した治療は、先進治療あるいは低侵襲性治療のひとつとして、IVRという呼称で注目されています。
当院では、血管造影装置・透視装置・超音波装置を使用して、血管内とともに胆管や消化管などの血管外の管腔臓器にもIVR治療を行っています。
特に対象として多い疾患は、肝臓・胆管・肝門部付近の悪性腫瘍(原発性肝癌・胆嚢癌・胆管細胞癌・総胆管癌・膵臓癌など)や良性疾患(胆管炎・胆嚢炎・子宮筋腫・血管奇形など)、出血を伴う救急疾患(消化管出血・喀血・骨盤骨折など)などです。疾患の種類や病期の進行度によっては、健常部位に対しては少ないダメージで、異常のある部位のみに非常に大きな効果を得ることが可能な場合が少なくありません。
平成19年4月から血管内・外の両方のIVRのエキスパートである西田博利医師が本院に赴任したことで、これまでにも増して高度な治療が可能になりました。

 その他

専門外来として、IVRの対象となる患者様を紹介していただくほかに、主として各種の癌に対する治療方法や画像の読影のセカンドオピニオンなども受け付けております。
放射線科医は「Doctor's doctor」とも呼ばれており、最適な画像診断法や治療法を他の科の医師へ指導することも重要な役割の一つとなっています。
患者様と対面せずに直接の治療を行わなくても、「Doctor's doctor」として、ほとんどの外来・入院患者様へ貢献しています。

診療科実績

項目平成24年平成25年
検査

CT 4300 4687
MRI 1038 941
IVR 196 219

診療スタッフ

井上 裕喜

氏名 井上 裕喜(いのうえ ひろき)
専門 画像診断・治療センター主任部長
医学博士・元鹿児島大学放射線部助教授
日本医学放射線学会放射線科専門医
日本IVR学会IVR専門医
検診マンモグラフィ読影認定医師

志村 武

氏名 志村 武(しむら たけし)
専門 放射線科:部長

西田 博利

氏名 西田 博利(にしだ ひろとし)
専門 血管内治療部長:非常勤
日本医学放射線学会放射線科専門医
元鹿児島大学医学部放射線医学講座助手

佐藤 昌之

氏名 佐藤 昌之(さとう まさゆき)
専門 放射線科部長:非常勤
日本医学放射線学会放射線診断専門医

 

このページのTOPへ