IBDセンターのご案内

潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患の専門的な医療を提供しています。

 

潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)の患者様に対して、専門的な医療を提供しています。
多職種で構成された「IBDチーム」が、それぞれの専門知識を生かし、連携しながら、患者様が安心して毎日の生活を送ることができるようにサポートしていきます。

 

 

IBDセンターのご案内

指定難病制度について

診療概要

IBDとは、Inflammatory bowel disease(炎症性腸疾患)を省略したものであり、腸管に炎症をきたす疾患の総称です。狭義には、潰瘍性大腸炎・クローン病を示します。 近年、IBD患者数は全国的に増加の一途をたどり、今後も更に増えていくことが予想されます。 食事をはじめとした生活環境の欧米化が、その一因ではないかと言われています。その他にも、免疫機能が過剰に働く自己免疫疾患であるということ、遺伝的要因が少なからず関与しているということなどが解明されてきましたが、根本的な原因は現代の医学でも特定されていません。 そのため、IBDは厚生労働省の指定難病として認められています。

 

IBDそのものを完治させる方法こそ確立されてはいませんが、レミケードやヒュミラといった生物学的製剤の登場をはじめ、この数年間でIBD治療の選択肢は飛躍的に増えました。 それらの中から、患者様の状態にあった最適な治療法を選択し早期に開始することで、寛解導入(良い状態にもっていく)、寛解維持(良い状態を持続させる)、さらには患者様のQOL(生活の質)の改善・向上に繋げることができます。

 

指定難病制度について

外来診療担当表

消化器内科(IBDセンター)

 

午前

鮫島

大井

鮫島

-

大井

大井
鮫島

午後 鮫島 大井 鮫島 - - -

※学会出席などの理由により、担当医が変更(大井 または 鮫島)となる場合がございます。
ご理解の程、宜しくお願い致します。

診療スタッフ

大井 秀久

氏名 大井 秀久
専門 副院長
内科主任部長
医学博士・日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会九州支部評議員
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器病学会九州支部評議員
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会評議員

鮫島 洋一

氏名 鮫島 洋一
専門 消化器内科医長
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医

IBDセンターの特徴と特色

IBDセンター

pic03

当院は、大井医師就任の2005年5月より、IBDの治療に力を入れて参りました。
近年のIBD患者数の増加、消化器内科全体の患者数の増加に伴い、2015年9月より「IBDセンター」として独立した部署を設けることによって、更に専門的で充実した医療を提供できるような体制となりました。

 

診療スタイルも、これまでの「主治医制」から2名の専門医師が固定の曜日に診療にあたる「当番医制」に変更となりました。
従来の主治医が不在の日や外来担当日以外に患者様が来院されても、いつでも同じように対応することが目的です。そのために、医師同士で患者様の情報の共有・治療方針の統一を図るためのカンファレンスを常に行っております。当初は、馴染みのない医師の診察を不安に思われる患者様もおられましたが、「自身の予定に合わせて自由に来院日を選べるようになった」、「いつでも診てもらえるという安心感がある」、「前回とは別の医師の診察だったが自分の状態を分かってくれていた」、といったお声を頂戴することができました。

IBDチーム

IBDチーム

  • IBD担当医師 2名
  • 看護師(IBDセンター・化学療法室担当)
  • 看護師(内視鏡センター担当)
  • 看護師(外来担当)
  • 看護師(病棟担当)
  • 薬剤師
  • 管理栄養士
  • 臨床工学技士
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 医療事務
  • 診療情報管理士
  • 医療クラーク

IBDは比較的若い年齢での発症が多く、現時点では完治する方法のない難病であることから、長い期間に渡って病気と付き合っていかなければなりません。その間に、病気の状態だけでなく患者様の生活環境も変化していきます。進学や就職、結婚や出産といった大切なイベントを迎えられる際に、ご自身の病気について様々な悩みや不安を抱かれることと思います。
日常生活には欠かせない、食事や経済的なことも心配されておられるのではないでしょうか。

 

患者様が安心して毎日の生活を送ることができるよう、多職種で構成された「IBDチーム」がそれぞれの分野の専門知識を生かし、連携しながら皆様をサポートしていきます。

 

IBDセンター内に、ご意見箱を設置しております。
ご質問やご要望、相談したいことなどございましたら、所定用紙にてご意見をお聞かせ下さい。
それぞれの分野の専門職員がお答え致します。
ご希望がございましたら、直接相談できる場を設けさせて頂きます。

予約方法

yoyaku01

診療時に次回の予約

診察終了時に、医師より患者様へ次回受診日を確認し、予約させて頂きます。
ご都合が悪くなられた場合は、お電話での予約変更も可能です。


yoyaku02

お電話での予約

今村病院の代表番号へお電話を掛けて頂き、「IBDセンターの予約の電話です」と電話交換手へお伝え下さい。患者様のご希望日時と、予約の空き状況で、担当者により日程調整をさせて頂きます。


yoyaku03

症状増悪時の受診

当院は原則予約制とさせて頂いていますが、症状増悪の場合は早めに受診して頂くようにお勧めしています。
今村病院の代表番号へお電話を掛けて頂き、「IBDセンターの受診希望の電話です」と電話交換手へお伝え下さい。
念のため、ご入院の準備をして来院されて下さい。


yoyaku04

他医療機関からのご紹介

お電話でのご予約が可能です。
今村病院の代表番号へお電話を掛けて頂き、「IBDセンターの予約の電話です」と電話交換手へお伝え下さい。ご指定日時、患者様のご希望日時がございましたら、担当者により日程調整をさせて頂きます。
FAXでの紹介状送付をお願いすることがございます。
また、当日検査をする可能性もございますので、絶飲・絶食でのご来院をお願い致します。

TEL:099-226-2600 (代表)
FAX:099-226-2181 (病診連携室)

このページのTOPへ