挨拶

統括看護部長 中重敬子

aisatsu 29

統括看護部長としてのポリシーは、『すべての看護職員はわが子と思い、つまずいた時にも、上手く行っているときでも、全力で支援していくこと』です。そのために情報を取り、活用し、タイムリーな介入をすることを心がけております。常に、全看護職にエネルギーを注ぐこと。その人の強みを見出し一緒に乗り越えることです。

慈愛会 看護部支援室の紹介

当法人は、平成25年度から慈愛会看護部全体を統括支援する体制として、看護部支援室が立ち上がりました。全病院・施設の看護部の諸問題や課題を取りまとめ、それぞれの病院・施設の看護部が同じベクトルで質の高い看護実践・看護管理ができるようにしていく仕組みが出来上がってきております。看護部支援室の運営方針は以下の4つのコンセプトを大事にして活動をしております。
 1)  心に届く慈愛の看護を提供できるように支援します。
 2)  それぞれの専門職の力を発揮できるようなチーム医療を推進します。
 3)  慈愛会の使命と役割を認識し、看護職員の教育・研修を推進します。
 4)  働き甲斐のある職場環境と帰属意識が向上するよう支援を致します。
そのために①看護職採用 ②看護職員能力開発 ③看護管理者育成を中心に活動しております。
年間をとおして、離島も含め訪問を行いながら、それぞれの看護部長の支援活動も行っております。

看護部支援室の活動

 

看護部支援室は慈愛会施設の看護部をまとめ、以下のことに力を入れています。 

 

●人材育成支援

 

HP.H27fukusichou kennshuukai 4

・看護部長研修会(6月)
・新任看護師長研修会(7月)  
・新任副看護師長研修会(7月) 
・副看護師長研修会(8月)
・副看護部長研修会(9月)
・教員・実習指導者合同会議・研修会(4月・10月)
・看護管理者任用候補者選考における研修会(11月)
・看護師長研修会(2月) 

 

 

 

 ●人材確保活動

・看護学校  直接訪問3校  パンフレット郵送 17校
・慈愛会就職説明会 4月実施
・学校主催 就職ガイダンス参加 4校 
・採用試験 年間4回開催  (8月・10月・12月・1月実施)         
・広報活動【パンフレット・ポスター作成、看護部支援室発行(年4回)、ホームページ更新】

 

 ●看護管理者協議会開催(看護部長・副校長) 

  看護部長5名、看護学校副校長2名、看護部支援室3名 (6月・11月・2月)

 

 ●慈愛会教育委員会 11回

 

 ●慈愛会認定看護師会(Jining;ジーニング)発足

 

 ●看護部長支援活動

  病院(施設)訪問、支援

 

 ●人材活用

  ・スペシャリスト・ジェネラリストの活用

 

慈愛会看護部は一人ひとりをピンポイントで支えていく教育システムがあり、素晴らしい人財の宝庫です。
是非、一緒に働きましょう。お待ちしております。

 
   

このページのTOPへ