研修会

平成27年度 看護職員内定者研修会

日時 平成27年3月26日(木) ~ 28日(土)  9時00分~16時00分
受講者 内定者40名(今村病院;2名、今村病院分院;27名、谷山病院;6名、奄美病院;4名、
徳之島病院;1名)

1日目 3月26日(木)

講義 「慈愛会の方針 これからの看護師に期待すること」
講師 公益財団法人慈愛会 理事長 今村 英仁
講義 「慈愛会の看護と組織人としての心構え」
講師 公益財団法人慈愛会 統括看護部長 中重 敬子
講義 「慈愛会の教育体制・キャリア開発について・ラダーについて」
講師 今村病院分院 教育担当師長 西村 啓子
講義 「新人から始める医療安全管理」
講師 今村病院分院 医療安全管理師長 飯ヶ谷 尚美

 研修初日は、全施設に入職する予定の内定者が全員集まりました。

 理事長先生からの講話は、「なぜ慈愛会が80年続いたのか」慈愛会 初代理事長今村源一郎先生の話から始まり、「運命を正面から受け止めてきたから慈愛会が続くことができた、『すぐにできないから・・・』と言ってすぐに諦めないで欲しい。できるまで諦めず取り組んで欲しい」「プロとして、看護師にしかできないことを提供して欲しい」と激励のお言葉を頂きました。

 さらに、各病院の看護部長あいさつ後は、4月1日から働く配属部署の発表があり、内定者は配属先通知書を嬉しそうに受け取っていました。

 中重統括看護部長の講義では、慈愛会の看護部について詳しく説明があり、その後「心に届く看護とは何か」について話されました。患者様が見せている部分だけ判断して看護していないだろうか。患者様の心に溜めている不快な思い・不安・辛さを推測するには、信頼関係を築くことが大事であること、フィジカルアセスメントと患者様のデータを読み解く力が必要であることなど学びました。

  西村教育担当師長の講義では、入職後どのような未来が待っているのかを説明されました。自分が思い描く未来に向かって、教育担当師長はもちろん、病棟スタッフ、病棟師長、看護部長、看護部支援室がサポートします。内定者は少しホッとした表情でした。

 飯ヶ谷師長の講義では、医療安全管理について具体的な話があり、内定者はイメージしやすかったようでした。事故を未然に防ぐために、「チームカンファレンスの必要性」「報告・連絡・相談」「確認行為」の重要性を学びました。

 この集合研修は、講義を聞くだけではありません。昼食のときに意見交換・懇親会を開き、配属される病院、部署が同じ内定者同士の顔合わせやレクレーションなどがありました。入職前に配属部署が分かり、また、同じ部署で一緒に働くスタッフとの仲間意識も芽生えたようです。

 

naiteisyaAnaiteisyaBnaiteisyaCnaiteisyaDnaiteisyaEnaiteisyaFnaiteisyaGnaiteisyaHnaiteisyaInaiteisyaJnaiteisyaKnaiteisyaLnaiteisyaM

 

 3月27日(金)~28日(土)

 2~3日目は、今村病院、今村病院分院、谷山病院(奄美病院・徳之島病院も含む)それぞれの病院で実践の研修でした。

 看護学校で学んできたことを生かしながら、研修を受けました。まだまだ不安なところは、内定者同士声を掛け合ったり、先輩看護師に質問したりする様子が見られました。

  また、実践してみて、できなかったことをメモに取ったり、復習したりする姿もあり、4月から現場で働く姿が楽しみです。

 

感染管理研修

2naiteisya1

 

2naiteisya2

 

2naiteisya3

 

2naiteisya4

 

2naiteisya5

 

2naiteisya6

注射技術研修

3naiteisay3

 

3naiteisya2

 

3naiteisya4

 

 輸液ポンプとシリンジポンプの管理研修

4naiteisya1

 

4naiteisya2 

 

4naiteisya3

 

4naiteisya4

このページのTOPへ