慈愛会からのお知らせ

公益目的事業内容の変更(追加)について

 

平成30年9月4日付で、当法人が掲げる公益目的事業内容の変更(追加)について鹿児島県より認定されましたので、ここにお知らせ致します。

 

1.  当法人の公益目的事業

 

① 高度医療機器を要する高度・専門的な急性期医療の提供に関する事業

② 精神障害者等に対する総合的な医療の提供及び社会復帰の支援並びに介護・福祉サービスの提供に関する事業

③ 地域の医療を担う人材育成等の地域医療の支援に関する事業

 

2.  変更(追加)内容

 

②精神障害者等に対する総合的な医療の提供及び社会復帰の支援並びに介護・福祉サービスの提供に関する事業に、下記項目を追加します。

 

《追加する事業》

◎「子ども、子育て支援等に係る総合的な支援」

 

 

3.  経緯

 

 今回、公益目的事業として「子ども、子育て支援等に係る総合的な支援」の追加に至った背景は、少子化、人口構造・人口減少による働き手不足への対応としての取り組みの一環です。

 少子化、医療・介護を担う人材不足等への課題解決には、総合的な子育て支援対策が必要と言われております。このような社会背景に対し、当法人が公益目的事業を遂行する上で、総合的な子育て支援に取り組み、地域社会へいかに貢献していくかということが課題です。

 現状では、産科、小児科による医師及び助産師等による妊娠・出産に係る産前・産後の母子への医療提供、及びケアが行われていますが、上記課題に対しては、現状に加え、育児・保育における母子の総合的なケア(医療、年齢・発達・障がいに応じた支援、保育、相談、地域啓発活動など)の体制作りが必要となります。

 本公益目的事業内容の変更(追加)は、従来の母子に対する産前・産後の医療支援、小児医療に加えて、多職種連携による子育て支援体制をもって医療・福祉支援の充実を図り、安心して出産し、子育てが出来る環境作りを目指すものです。

.........................................................................................................................................

 

➣公益財団法人慈愛会 公益目的事業

 

このページのTOPへ