慈愛会からのお知らせ

新 笹貫訪問看護ステーション愛の街 オープン

 

2019年8月1日、愛と結の街グループの笹貫訪問看護ステーション愛の街と、谷山病院 訪問看護室が統合し、新しい「笹貫訪問看護ステーション愛の街」としてオープンしました。
                         
生まれ変わった「愛の街」に所属するのは、経験豊富な一般科の看護師や精神科で経験がある熟練した看護師、作業療法士、事務スタッフ、総勢15名です。
         

☆愛の街 理念☆
「あなたの“えがお”がみたいから、
わが家で暮らせる安心とよろこびを応援します」
                  

地域の皆さまが、住み慣れた場所で、ご自分らしく生活することを支えるために、愛の街スタッフが“相手の心に届く慈愛の看護”を提供いたします。
                 
              
サービス内容等、詳しい情報はウェブページをご覧ください。

笹貫訪問看護ステーション愛の街

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

新体制発足を記念して、オープニングセレモニーが8月1日朝、開催されました。
全スタッフを前に、公益財団法人慈愛会 今村英仁理事長は「今回の統合は、法人にとって非常に大事な事業と位置付けています。皆さんが協力し合い、統合を軌道に乗せて、鹿児島の地域全体に貢献していくことを期待します」と述べました。

介護老人保健施設 愛と結の街の野村秀洋施設長は「すばらしいスタートが切れたことを喜ばしく思います。国としても訪問看護を重要視しており、今後ますます発展させていく方針です。鹿児島県内に現在179の訪問看護ステーションがありますが、愛の街の一番の特長は、精神科 一般科 双方のサービス提供が可能なことです。私も頑張ります。皆さんも一緒に頑張っていきましょう」とスタッフたちを激励しました。

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

新たな一歩を踏み出した「笹貫訪問看護ステーション愛の街」へのご愛顧を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

愛の街セレモニー DSC0010 コピー あいのまち DSC0018

 挨拶を述べる今村理事長、野村施設長

あいのまち DSC0026 コピー あいのまち DSC0039 コピー

 テープカットの様子

あいのまち DSC0044 コピー  DSC0048
セレモニー参加者全員、ならびに、愛の街スタッフの記念撮影
 

このページのTOPへ