慈愛会からのお知らせ

第30回キャリアアップセミナー 開催報告

 

公益財団法人慈愛会 第30回キャリアアップセミナー「認知症の不思議な世界 ~最新知見とケア~」が2019年10月4日、鹿児島市民文化ホール 市民ホールで開催され、約270人が参加しました。

 

講師にお招きしたのは島根大学名誉教授 慶応義塾大学客員教授の堀口淳先生です。

 

堀口先生は、年齢逆行や妄想など、認知症の方の多様な症状、言動と、臨床の現場における対応の実例を挙げ、1)患者さんとかかわる際には表情が非常に大切なのでマスクはなるべくしないこと、2)顔をよく覚えてもらうこと、3)患者さんのメンツを立てて徹底的に褒めることなど、患者さん対応がうまくいくためのコツを紹介してくださいました。

 

「認知症患者さんのケアというのは、今できることをピックアップし、能力を維持することが目標となります。ちょっとでもできることを、2倍3倍で喜んであげてほしい。喜びを共にして希望に繋げるのが我々医療者の仕事です」と話されました。

 

堀口先生の軽妙洒脱な語り口、そして身振り手振り豊富なご講演に、会場は時に笑いに包まれ、90分の講演時間が瞬く間に過ぎました。

 

認知症に限らず患者さんと対応する際の心得として、警戒心を和らげるため、真正面でなくあえて若干向きをずらすこと、また、車いすでの介助など患者さんの後ろに立つ際には軽く肩に手を触れると安心感につながる、といったコツも、パフォーマンスを交えてご紹介くださいました。

 

 career up DSC0012 career up DSC0022

堀口淳先生のご講演の様子

 

career up DSC0026 career up DSC0016

患者さんへの対応のコツを伝授していただき、会場の皆さんは熱心に聞き入っていました。

 

career up DSC0008 career up DSC0031

冒頭でご挨拶した今村英仁理事長と、ご講演のお礼を述べたいづろ今村病院 黒野明日嗣院長

 

このページのTOPへ