工事の進捗状況

 

2015年12月17日に起工式を開催し、着工してからの進捗状況をお知らせしてまいります。

 

(H29.5.21)内覧会にお越し下さりありがとうございました

 

今村総合病院内覧会は5月21日(日曜日)、午前中は医療機関や救急隊の方々、午後は一般市民の皆様をお迎えして開催しました。

20日(土曜日)午後のご見学者と合わせ、総計640名余の皆さんに今村総合病院新棟をご覧いただきました。

ご来院、ありがとうございました。

 

引っ越しを間近に控え、棟内に養生が施される中での内覧会となり、お足下の悪い箇所が多々ございましたこと、あらためてお詫び申し上げます。

 

今村総合病院の6月1日オープンに向け、これから機材・什器の搬入が急ピッチで進んでいきます。 設備の充実とともに、質の高い医療のご提供、ホスピタリティの一層の向上に、スタッフ一同、鋭意努めてまいります。

 

今村病院分院から名称を変更してオープンする今村総合病院を、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 DSC0080 DSC0066 1  屋上ヘリポートでは運用体制などをご説明。放射線治療室では、鹿児島県で初めて導入される高精度放射線治療装置トモセラピーの性能について、動画を用いて詳しくご紹介しました。

 

 DSC0019 hp  DSC0117 hp2     運用開始後は一般の方が入ることができないスタッフ専用エリアや、スタッフステーションにもご見学者に入っていただきました。

 

 DSC0053 136 hp  手術室フロア、救急総合内科(ER)の内部など、今村総合病院のさまざまな機能についてご質問も相次ぎ、皆様に関心を持っていただけたようでした。

(H29.5.20)「今村総合病院」 内覧会スタート

 

医療機関や救急隊の方々をお迎えする内覧会が5月20日(土曜日)午後にスタート。21日まで2日間、ご見学を受け付けております。

初日は50施設・事業所の約250名の皆様がお越しくださいました。

ありがとうございました!

 

21日(日曜日)午後は、広く一般の皆様を対象とする内覧会を開催します。

病院スタッフが新棟内各所をご紹介します。どうぞごゆっくりとご覧ください。

内覧会のご案内はこちらをクリック

たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

DSC0165 1 DSC0117  たくさんのご見学者が行き交った新棟内。

 

DSC0135 DSC0133    新棟3階手術室フロア見学の様子。

 

DSC0211 DSC0181   化学療法室の様子(写真左)。救急車搬入口では、さまざまなパターンを想定した救急総合内科(ER)への動線などを詳しくご説明しました。

  

 

(H29.5.15)定礎式

 

今村総合病院の新棟建設工事は平成29年5月15日、竣工を迎えました。

 

晴天に恵まれたこの日午前、新棟東側で定礎式が行われ、公益財団法人慈愛会と設計・施工の関係者20余名が見守る中、定礎石が据え付けられました。

 

式の中で、今村英仁理事長が「定礎箱」の中に、建築設計図(縮小版)や今村病院分院の現在のパンフレット、新病院プロジェクトに関する委員会一覧、当日付の新聞などを収めて封印。定礎箱は今村病院分院・宇都宮與院長の手で定礎石の土台に埋設されました。

「慈愛」の文字が彫刻された定礎石は、黒御影石(縦30㌢、幅40㌢、高さ30㌢)。新棟の防災センター入り口近くに設置されています。

 

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.

 

平成27年12月の起工式から1年半。

雨の日も雪の日も、酷暑の日も、設計・施工にかかわる多数の皆さんが着実に、そして安全無事に工事を進めてこられたお蔭で、この日を迎えることができました。

ありがとうございました。

 

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.

 

新棟オープンまであと2週間。

5月21日(日曜日)13時からは、一般の方どなたでも新棟をご覧になれる内覧会を開催します。

内覧会のご案内はこちらをクリック

大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

DSC0023 DSC0043  新棟東側で挙行された定礎式。建築設計図などを一つひとつ定礎箱に収める今村理事長。

 

DSC0011 DSC0058    当日付の新聞など定礎箱に収められた品々。一同が見守る中、宇都宮與院長が執り行った「定礎箱鎮定之儀」。

 

DSC0065 DSC0078 1   定礎石は重さ100㎏。クレーンで据え付けられ、今村理事長が「斎槌之儀」を行いました。

 

DSC0087 DSC0098    新棟防災センター入り口近くに設置された定礎石には、理念にちなみ「慈愛」の文字が刻まれています。

 

 

(H29.4.25)ロビー彩る日本画作品

 

今村総合病院の総合受付ロビーには、慈愛会・納光弘会長の日本画「夕日に燃える桜島の噴煙」(50号)を飾る予定となっています。

現在、今村病院分院1階に展示されている同作品を、新棟オープンに合わせて移動します。

竣工を前に、納会長立ち会いのもと、飾る位置や照明の当て方など、詳細の検討作業が行われました。

新棟での展示に向けて、納会長による解説(キャプション)も制作され、作品とともに掲示されます。

広々とした総合受付ロビーの白壁に、朱を基調とした日本画が彩りを添えます。

 

作品の詳細はこちら☞ 納光弘会長ホームページ内「私の画廊」

 

HP1納会長絵 納会長絵HP2   

 

納会長絵HP3 納会長絵HP4     

(H29.4.23)上空から ヘリポート 初撮影!

 

今村病院分院から「今村総合病院」への名称変更を目前に控え、新病棟の増築工事は終盤を迎えています。

上空からの撮影で、新しい病院機能のひとつ、ヘリポートの「H」の文字ががはっきりと分かるようになりました。8階建て新病棟の屋上、赤地に白の十字がかかれた部分に、ヘリコプターが離発着します。

それぞれの写真の左側・現在稼働中の今村病院分院と、増築中の新病棟を通路でつなぎ、6月1日から新名称「今村総合病院」となります。

 

 今村病院分院2 H29.04.23 HP 今村病院分院1 H29.04.23 HP  

  

このページのTOPへ