入院をされる方

入院病棟のイメージ

入退院について

入院のお知らせ

当院には閉鎖病棟と開放病棟があります。入院時はあらゆる刺激を最小限にとどめる必要があり、治療上、閉鎖病棟を利用して頂く場合もございます。
患者さんをはじめ、ご家族の方達にとって大変な体験であり、ショックも大きいことかもしれません。
しかし、治療の為に必要な事です。十分にご理解下さい。
当院ではチーム医療により多職種で連携して治療に当たっています。治療内容等についてお聞きしたいことは
ご遠慮なくお申し出下さい。

入院手続きに必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑

入院に必要なもの

小遣い銭・普段着・寝巻き・下着類(5組くらい)・運動衣・運動靴・スリッパ・プラスチック製紙コップ・電器カミソリ・洗面用具・日用品などを最小限そろえて下さい。
貴重品・危険物(刃物・はさみ・ライター・安全カミソリ等)は持ち込めませんのでご了承下さい。

小遣い銭

患者さんの金銭管理は、自己管理が原則となっていますが、病状等から自己管理が困難な患者さんや、家族から依頼があった場合に限り、代理管理致します。
代理管理を希望される方は、日用物品購入費及び小遣い銭として、毎月2万円程度必要ですので、月初めに医療相談室にお預け下さい。

入院費用

入院料及び入院時食事療養費等の支払いは、月末で締めで計算します。翌月15日前後に会計窓口でお支払い下さい。

退院について

主治医とご相談下さい。退院当日は印鑑をご持参の上、ご清算下さい。

入退院について

面会・お見舞いについて

時計のイメージ

面会時間/午前9:00~11:30、午後13:30~16:30

面会は原則的には制限されませんが、症状によっては医師の指示でご遠慮いただくことがあります。また遠方から来られる方で、面会時間内に来院できない場合は事前にご連絡下さい。
面会は面会室で行って頂きます。なお、飲食物(生もの、モチ類、その他)を持ち込まれた場合、食中毒・誤嚥などの危険性がございます。生もの、モチ類の持ち込みはご遠慮下さい。
また、以下の場合は面会をご遠慮下さい。

  • 酒気を帯びている場合
  • 風邪症状のある場合、その他伝染性疾患に罹っている場合

退院について

入院中の電話や手紙は原則自由です。ただし病状に応じて医師の指示で一時的に制限されることがあることをご了承下さい。また病棟には公衆電話が設置してあり、患者さんからも電話ができるようになっています。

外出・外泊について

入院加療は、患者さんが社会生活から切り離されるという側面を持っています。症状の改善と共に外出・外泊をすることは治療上欠かすことができません。
入院患者さんが家庭や社会に適応できる状態と判断された場合や、いったん失われた社会順応性を再獲得する目的で、一時外泊・外出をしていただいて経過を観察することがありますので、担当医師から連絡のあった場合はご協力下さい。
また、外出・外泊をご希望の方はご相談下さい。

洗濯について

私物の洗濯はご自分でなさるか、当院が代行で洗濯をしております。
当院が代行で行う場合は、日額110円を頂いております。

病院行事

年間行事
バス遠足、グランドゴルフ大会
七夕祭り、夏祭り、敬老会
運動会、敬老会
クリスマス会、カルタ大会、たこあげ大会
その他 誕生会、カラオケ大会、花見

院内イベントの様子はこちらからご覧ください。

このページのTOPへ