EPAに基づく外国人看護師候補者の教育・育成

H22年度 EPAに基づくインドネシア人看護師候補者2名を受け入れました

平成23年2月14日

財団法人 慈愛会では、昨年に引き続き今年度も日本インドネシア経済連携協定に基づくインドネシア人看護師候補者2名を受け入れ、平成22年12月4日より勤務を開始しています。

今村病院では下記2名を平成22年12月4日付で看護助手として採用しました。今後は今村病院での勤務(研修)を経て3年以内に日本の看護師資格取得を目指すことになりますが、看護師国家試験合格に向けては、当グループの鹿児島中央看護専門学校も全面的に支援してまいります。

○勤務場所:

今村病院 看護部
(〒892-0824 鹿児島市堀江町17番1号)

○受け入れ期間:

平成22年12月4日より3年間

○職種:

看護助手
(2名ともインドネシアの看護師資格を有する)

ご紹介

12月4日から入職されたインドネシア人看護師候補生の
  リディア・ロシタさん(右)
  アニタ・アフィア・リニさん(左)
です。
お二人はインドネシアでの看護師経験はありますが、日本での看護師国家試験合格に向けて、看護師業務や日本語の習得を目指します。