リハビリテーション室

専任医1名、理学療法士(8名)、作業療法士(2名)、言語聴覚士(2名)が所属し、

専従者、兼務者で以下の3病棟と介護保険領域での通所リハ・訪問リハを運営しています。

一般病棟・緩和ケア病棟   

一般病棟では、主にがん、肺炎等の急性疾患、消化器系疾患といった病気の治療前後におけるリハビリテーションにより、患者さんや各医療スタッフと一緒になって家庭・社会復帰を目指しています。

 

緩和ケア病棟では、症状の緩和を図るまでの体力低下予防、その後の在宅・社会復帰を支援させて頂いています。

 

いずれの病棟においても、嚥下障害がある場合、言語聴覚士が状態をみさせて頂き、嚥下訓練や適切な食事内容の提案、ご家族へ情報提供などをさせて頂いています。

地域包括ケア病棟   

地域包括ケア病棟では、急性期の状態を脱した方の在宅・社会復帰を目的としたリハビリテーションや、糖尿病の教育入院における運動療法などを支援させて頂いています。

 

嚥下障害がある場合、言語聴覚士が状態をみさせて頂き、嚥下訓練や適切な食事内容の提案、ご家族へ情報提供などをさせて頂いています。 

リハビリ室内です。

 IMG 4534

トレーニングスペースを設置しています。

 

通所・訪問リハビリ   

通所・訪問リハビリ(詳細についてはクリックして下さい)では、ご自宅で生活されている要支援・要介護認定をお持ちの方々の、在宅における、より生活に即したリハビリの支援をさせて頂いています。    

 

通所リハビリは、リハビリを中心に行いたい方向けの短時間~半日型のサービスとなっており、言語聴覚士とコミュニケーションや嚥下のリハビリに取り組める点が特徴になっています。   

 

訪問リハビリは、ご自宅に理学療法士や言語聴覚士が伺い、ご自宅や周辺での環境を利用したリハビリを行います。

 

通所リハビリの様子です

 IMG 1669 50

 

 

理学療法士とは(日本理学療法士協会HPへのリンク)

作業療法士とは(日本作業療法士協会HPへのリンク)

言語聴覚士とは(日本言語聴覚士協会HPへのリンク)

機器の紹介

  • マイクロ波治療器
  • 電熱式ホットパック
  • 空気圧マッサージ器
  • 治療用プラットフォームマット
  • 昇降式平行棒
  • 治療用階段
  • エアロバイク
  • 歩行補助具(杖、歩行器、歩行車など)
  • トレーニング補助具(重垂バンド、セラバンドなど)

実績

HP用画像

 

HP用画像2

ページTOPへ