皮膚科

全身の皮膚の症状のほか、乾燥肌や円形脱毛等の症状、汗の異常、爪・口腔内の症状、皮膚の腫瘍など、あらゆる皮膚の症状について診断・治療をします。

お知らせ

2021年4月から皮膚科を開設致しました。
皮膚は、直接ご自身の目で見ることができる数少ない器管です。皮膚の疾患には、皮膚だけの病気もありますが、内臓の疾患と密接に関わるものもあり、特に全身に皮膚が広がっている場合には、内臓の病気が見つかることもあります。
当科では、消化器科、放射線科などの他の診療科と連携して、内臓の検査を行うことも可能です。
皮膚の異常、トラブルなどありましたら、何なりとご相談ください。

外来診療担当表

皮膚科

 
午前 川上 - 川上 川上 川上 -
午後 川上 - 川上 川上 川上 -

※診療受付時間;午前)8:30~12:00,午後)14:00~15:00 です。

診療概要

皮膚

患者様の気持ちを第一に考えた診療を心がけています。
また、なるべく専門用語を使わずに、わかりやすく説明するように注意しています。

主な診療内容

  • アトピー性皮膚炎、湿疹、じんましん、水虫、ふきでもの、ほくろ、にきび、いぼ、魚の目など皮膚疾患全般、乾癬、尋常性白斑、乾燥肌、円形脱毛など毛髪の症状、汗の異常、爪・口腔内の症状、帯状疱疹・水ぼうそうなどのウイルス感染症、外傷(ケガ)、皮膚腫瘍などのあらゆる皮膚の症状について診断・治療をします。
  • 化粧品のかぶれ、金属アレルギーなどの検査(パッチテスト)も行っています(予約制)。ジャパニーズ・スタンダードアレルゲンのパッチテストも可能です(予約制)。

治療の対象

  • 皮膚疾患全般(アトピー性皮膚炎、湿疹、水虫、ふきでもの、ほくろ、にきび、いぼ、魚の目など)
  • 爪の異常
  • 口唇・口腔内の症状、ヘルペス
  • 外傷(ケガ)
  • 難治性の皮膚のキズ(皮ふ潰瘍)

可能な治療方法

  • 冷凍凝固法(いぼなど)
  • 局所免疫療法(円形脱毛症、いぼなど)
  • 手術(局所麻酔のみ)
  • エピペン処方(アナフィラキシーショック)
  • VAC療法(局所陰圧閉鎖療法) ・・・難治性の皮膚潰瘍に対して入院で対応します。
  • ステロイドパルス療法 …円形脱毛症など入院で対応します。

診療科実績

2021年4月より川上延代先生が着任され、皮膚科を開設しました。

担当医紹介

氏名 川上 延代 (かわかみ・のぶよ)
専門 医長
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
ページTOPへ