心に届く慈愛の看護

第2回 「心に届く慈愛の看護」 選考会開催

 令和3年4月9日(金)に「心に届く慈愛の看護」エピソード選考会を開催しました。

 12名の選考委員が、看護職員それぞれの「心に届く慈愛の看護」エピソード57編の中から13編を選出しました。

 選ばれた13名の皆さま、おめでとうございます!

 5月8日の「心に届く慈愛の看護」を語る会において、さらに入選作品13編の中から最優秀作品1編、優秀作品2編の発表を行います。

 審査委員長は鹿児島県出身の詩人、三角みづ紀先生に務めて頂きます。

 今年はどの作品が最優秀賞に選ばれるか・・・皆さん楽しみにお待ちください。

 

 

【入選作品紹介】

「裏技面会 ~コロナ禍で長期入院した母を回復に導いた"愛ある面会法”」

                        鹿児島中央看護専門学校2年課程    福元 重子

「最期を看取る事の大事さ」                    今村総合病院   榎本 時子

「"手”から伝わる看護の力 私の手は安心を伝えられていますか」   今村総合病院   内山 政子

「怒りの感情を表出された患者様との関わりの中で考えたこと」    いづろ今村病院  仮屋 弥生 

「クリスマスまでは生きたい ~スピリチュアルペインに悲嘆するKさんとの足跡」

                                 いづろ今村病院  平石 敬美                                                                 

「15分の別れ」                         谷山病院     若松 りえ

「Aちゃんの旅立ち」                        谷山病院     山元 祐子

「忘れられない患者 ~言語障害のある患者との会話~ 」      谷山病院     木本 桃夏

「反省のある人生を送る ~ご利用者から学び気づけたこと~」    愛と結の街    園田 加奈

「大切なことを教えてくれたSさんの言葉」              愛と結の街    加納 美紀 

「認知症病棟の患者さん」                     奄美病院     福原 雅子

「毎日こつこつ一生懸命」                     徳之島病院        チェリーティン

「まだ届けられていない慈愛」                   徳之島病院        桑水流 裕介

 

 

 

 

 

 

 

ページTOPへ