慈愛会からのお知らせ

第2回慈愛会学会学術集会

過去から学び 飛躍する慈愛会 をテーマに、

公益財団法人慈愛会は2022年7月9日(土)、「第2回慈愛会学会学術集会」を鹿児島県市町村自治会館で開催しました。

感染防止に十分な対策を講じて開催し、本会場と法人内5病院、各リモート会場で合わせて480人ほどが参加しました。

 

今村英仁理事長の挨拶に続き、大会長の宇都宮 與 今村総合病院名誉院長兼臨床研究センター長が「慈愛会における血液内科~歴史と現在・未来~」と題して大会長講演を行いました。

 

【大会長講演】     

昭和51年に今村病院(現 いづろ今村病院)で始まった慈愛会の血液内科診療。

今村病院分院(現 今村総合病院)でも昭和59年の開院と同時に血液内科を開設しました。

平成4年、鹿児島県に多い成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)の治療として、今村病院分院が県内の民間病院で初めて骨髄移植を行ったこと、

その後造血幹細胞移植、臍帯血移植にも積極的に取り組み、現在新たな免疫療法の導入を模索していること、等

法人発展の一翼を担ってきた血液内科の歴史をたどりました。

 

gakkai2 DSC0016 

 

gakkai2 DSC0032 

 

gakkai2 DSC0036 

 

gakkai2 DSC0038

 

【パネルディスカッション】

テーマは「COVID-19 ~私たちの経験とwithコロナ・新興感染症に備えた未来への展望~」。

今村総合病院感染症内科の有馬丈洋医師、吉森みゆき感染管理認定看護師がコーディネーターを務めました。                                           

パネリストの医師、看護師、看護教員が、それぞれの立場で経験した新型コロナウイルス感染症対応における苦慮、表出した課題、今後重要視すべきこと等を述べ合いました。

 

【研究発表】

今回は73演題(口演24、ポスター発表49)の応募がありました。

多職種がそれぞれの専門領域において業務の質改善に勤しみ、課題解決に努めた経緯、研究で得られた成果・知見、考察を発表しました。

ポスター会場では、感染対策として対面での質疑応答を取りやめ、事務局による質問受付→後日回答の対応とし、入場時間指定(30人ずつの入れ替え制)としましたが、来場した皆さんは発表内容一つひとつに熱心に見入っていました。

 

慈愛会学会運営委員会が当日の審査結果を集計し、後日、口演・ポスターそれぞれの優秀発表を表彰します。

 

gakkai2 DSC0049 

 

gakkai2 DSC0132 

 

gakkai2 DSC0157 

 

gakkai2 DSC0235 

 

gakkai2 DSC0147 

 

gakkai2 DSC0257 

 

gakkai2 DSC0183 

 

gakkai2 DSC0181 

 

gakkai2 DSC0277 

 

gakkai2 DSC0269 

 

 gakkai2 IMG 4733

ページTOPへ