慈愛会からのお知らせ

愛と結の街 野村秀洋施設長が「旭日双光章」を受章

 

当法人 介護老人保健施設 愛と結の街 施設長(いづろ今村病院名誉院長)の野村秀洋医師が、2022年秋の叙勲で旭日双光章を受章しました。

 

野村施設長は2012年4月に鹿児島県医師会副会長に就任、今年勇退するまで10年にわたり鹿児島県の医療の充実・発展に力を注いできました。現在は県医師会監事を務めています。

県医師会のほかにも、鹿児島県国民健康保険団体連合会 国民健康保険診療報酬審査委員会会長など多くの要職を歴任してきた長年の功績を称えられ、今回の受章者に選ばれました。

 

叙勲伝達式は11月7日、鹿児島県庁で開かれ、塩田康一知事より勲章と勲記が手渡されました。

 

 20221107Nomura Dr DSC0004 2

 

野村施設長は「ひとえに皆様のご支援のお陰です。ありがとうございます」と感激の面持ちでした。

20221107Nomura Dr DSC0011 2

 

野村施設長、受章誠におめでとうございました。

 

 

ページTOPへ