オハナクリニックとは?

オハナクリニックとは?

最寄りの健康相談所の1つでありたいと考えております。

多くの方にとって診療所や病院に行こうと考えるのは、急に体調を崩したり、健康について何か不安なことが生じたりした時かと思います。
オハナクリニックは、そのような時にお役にたてる「まさかの時の救急箱」のような存在ではありませんが、まさかの事態にできるだけ見舞われないように常日頃から「備える」ことを、精一杯支援するクリニックです。
健康な方はひきつづき健康に、長年の持病の方は悪化しないように、病気から回復された方は再発のないように、さまざまな苦痛は最小限に、そんなケアをお届けすることが私達の最大の役目です。
体調面についての心配ごとや不明なこと、あるいは生活に支障をきたす事態がおこった時は、どうしたらよいのかを気軽に相談いただいて、よりよい解決法をご提案できる、最寄りの健康相談所の1つでありたいと考えております。

オハナクリニックと名付けた理由

‘ohanaというハワイ語から引用しました。「家族」という概念です。

オハナは、血のつながりのある家族だけではなく、仲間や友人など、心のつながりを大切にして、互いに助けあうことができる人々も含みます。
クリニックへ通院される方は、私達にとっての‘ohanaであるという気持ちで、お元気で平穏に生活いただけるように尽力いたします。

オハナクリニックの強み

総合診療(家庭医療・プライマリケア)の知識技能、
経験の豊富な医師による、「かかりつけ医」としての診療

総合診療(プライマリケア)とは、簡単に言うと「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療」のことです。つまり、地域のみなさんにとっての「かかりつけ」の医師が担当するのにふさわしい領域です。
高度に医学・医療が発達し、医療情報があふれるほどの今の時代では、1人の医師が担当できる役割には限界があります。地域のみなさんの様々な要望にお応えするためには、その役割をしっかり果たすために必要な知識と技能の習得に一定期間のトレーニングに加えて、日々の研鑽が欠かせません。

オハナクリニックの医師は、特に総合診療の領域の専門研修を修了した後、総合診療医として日々の診療に従事しているスタッフ医師と、その指導医のもとで目下研修中の新進気鋭の医師達で、皆様が健やかに生活いただけるようにサポート致します。

かかりつけ医

よく「先生のご専門は何ですか?」と聞かれますが、「総合診療が専門です」という答えにはあまりピンとこない方が多いのではないかと思います。

総合診療は、これまでに知られている診療科の分類では説明しにくい領域かもしれません。専門科を単純にひとまとめした科が総合診療というわけではありませんし、どの専門科にも分類できない問題だけを担当する診療というわけでもありません。

私達におこるさまざまな症状や健康上の問題は、必ずしも1つの臓器の原因で説明できるものばかりではありません。たとえば「体のだるさ」の原因はすぐに特定できないと思いますし、「腰痛」も整形外科による原因とは限りません。総合診療の従事する医師は、問診と身体診察から原因をある程度までしぼりこんで、原因の特定に役立つ検査を選定し、さらに年齢、性別、持病、服用中の薬剤、生活状況など、様々な要素も加味して、幅広い視点でその人にあった最適なケアやプランを組み立てる、そんなスタイルの診療を毎回心がけています。

「総合」という名称が含まれる科として「総合内科」という診療科がありますが、その役割は「総合診療科」と共通しています。地域のクリニックでの総合診療では、内科領域の問題を数多く担当しますが、その地域の医療資源や住民のニーズによっては、内科領域以外の小児科、皮膚科、整形外科、産婦人科、外来や在宅で行う外科処置など、科の領域に関わらず応じる必要もあります。同時に、私達の診療技能を越える問題や状態で、専門科での検査治療が望ましい状態と判断した場合には、適切なタイミングでしかるべき医療施設や専門医へ診療依頼の道筋を作ることも、私達の大事な務めです。

複数の医師による診療体制

オハナクリニックでは、複数の総合診療医が定期診療を行います。基本的には、患者さまごとに主に担当する医師を主治医として設定し、定期的かつ継続的なケアを行っていくようにしますが、クリニックの全てのスタッフ間で、オハナクリニックを受診されている、全ての方のケアに特に重要なことについては十分に情報共有し、担当医師やスタッフの不在時や夜間休日の往診時であっても、常日頃から主治医以外の医師もやりとりさせていただくことによって、医師、スタッフと患者さまとご家族の間で、できる限りストレスを取り除いた何でも話せるような関係を築いていきたいと考えております。

複数の医師による診療体制

ページTOPへ